Home

2013-12-31

カラクリが解けた時にウフフ


1年ってやっぱりそれなりのボリュームがあるよ。
時間が経つのは早いけど。

どうでした?



今年一年お世話になったみなさま
ありがとうございました。

来年もよろしくお願いします。



先日手に入れたAUTISTIC YOUTHのLP

これから買う予定の人は読まないで。




A面の最後の曲がいっこうに始まらないよ。
プレスミスか?
ざけんなよ!
ブランクの部分を飛ばして曲の頭のカッティング辺りに針をすえても始まらない。



これ実は、
A面の最後の曲(6曲目)だけカッティングが反時計回りになされている。
5曲目まで聴いたら針を上げて、レコード盤の内径の方(つまり、A面のカッティングの終わり位置ね。)に置き直さないないといつまでたっても始まらないという作り。


なんで気づいたんだろ?オレ。



でね、この6曲目ってのはボーナストラックでジャケにはクレジットされてないんだ。
カラクリに気づけた人だけが聴けるという。
隠しトラックというか頓知トラック。







カラクリを解いてボーナスにありつく。
試行錯誤のあとに蜜を吸う。
来年もそんな年にしたい。

なんだかよくわかんない抱負を抱き2013年最後のブログ更新とさせていただきます、笑。

おつきあいありがとう。




では2件の忘年会にはしごしてきます。

良いお年を。

EIJI

48時間の伸びしろ


2013年も残すところ48時間を切った12月30日。
ドラムの叩き納めの日。



VESPERAではなくSTEALWINGのリハでね。



叩きに叩きまくって飲んで呑みまくって2014年の新装オープンを迎える予定だった。
いい年を迎えるんだ。


48時間あれば人は変われる。


かも。
って話。


最後の48時間、オレは早朝からの仕事を終え帰宅。
そして眠気と戦いながら間延びしたてれ子録りのトラックをリハ前に確認していた。


するとメンバーより着信あり。




オレ、スタジオの時間を間違えてました、泣。


着信時、すでにスタジオ開始時刻から1時間が過ぎようとしていたのだった。


オレは家を飛び出し中野に向かってペダルを踏み込んだ。
感覚的にはベタ踏み。

新井薬師の商店街を鬼気迫る表情でキープレフト。
反対車線を走ってくる無法者の対抗車両がオレを避けていく。
今日は絶対に譲歩しない。


地下のスタジオへ降りる階段のステップを踏み外しそうになりながら、店内に雪崩れ込んだ。
「18時からのオカモトです。」
「104号室ですね。あっ、もう・・・られてます。」



「ごめんなサーイ!」
104号室のスタジオの扉を開け放った。


104号室は藻抜けのカラ。

???


オレは受付に戻り尋ねた。
「あの、104号室に誰もいないんですけど?18時から予約のオカモトですけど部屋は104号室で合っています?」
「あっ、もう帰られてます。」


へ?



次の瞬間、
中ジョッキ片手のご機嫌なメンバーの顔がよぎった。


メンバーに電話をかける、
騒がしい酔い客のBGMと共に
「いま泪箸にいるよ、料理が出そろってからスタジオに戻るわw 待ってて。」


的中、笑。


スタジオロビーでメンバーを待つ。
寝落ち。


その後、メンバーと合流、リハをする事なく中野の飲屋街へ吸い込まれていった。



ドラムを叩き損ねた。
汗を吸い込むはずだったタオルはカラカラで、出番なくしたドラムスティックはそのままで。
2013年を不完全燃焼で終えた、笑



48時間といえば!


タイムリミット48時間/使えるお金は僅か1万ドル

そんな厳しい条件でダメレストランを再生させる米のガチンコ「的」TVショウ
「Restaurant impossible」がオレ的に熱い。


48時間で人は変われるって事にチャレンジする番組だ。



Robert Irvineという無駄にマッチョなシェフのキャラが最高に立ってるのだ。

この彼、
ダメレストランの料理を試食、吐き出し酷評、店内の装飾を引き剝がし、壁を大ハンマーで打ち壊し・・・




ダメレストランのオーナーのプライドを粉砕する事から始まり、リノベーションして再生させるって番組。


取り上げられるレストランのダメっぷり、再生へ向かう盛り上がりぶりがハリウッド的な大味でダイナミック。
オーバーアクションがね最高なの。


オレ的にはたまらないの。






調べてみると、
殆どの店が経営悪化、ってか元のダメ経営に戻ってしまいTV放映後に潰れてる(><)



やっぱり、人は48時間くらいの付け焼き刃じゃ変われないってことですかね。



締まらない締めになってもうた、笑。











2013-12-29

PDXで音納め


日が昇る前の目白通りを歩く。
工事現場のクレーン越の朝焼け。

「うお、朝陽に追いつかれたー」
って。
朝陽が恨めしい千鳥足の朝帰りじゃないのよ。
朝陽に先んじて行動開始。
今日も清々しく通勤ですわ。



ははっ
車が少ないでやんの。
みんな眠ってるか、故郷へ、バカンスへと向かってこの街を脱してるか。 
職場に向かう自分を憐れむ必要なんかない。




仕事は昼過ぎには終わった。
午後は高円寺でレコードの買い納めと物件回りというあらすじを書いた。




お正月モードで間引かれたダイヤで運行する路線バスはこの停留所を出たばかり。

20分じっとここで待つ?

次の停留所でバスに乗り込もう、そんな事を次のバス停まで歩き着く度ごとに思いながら、
麻布、青山、神宮球場を抜け、落葉の銀杏並木を気分良く歩いた。

途中、乗るべき路線バスには追い越された、笑。




この冬枯れの哀愁並木道散歩ルートは、完全に午後のレコード買い納めのチョイスに影響した、笑。

ピックアップしたんはこの2枚。

冬枯れ哀愁並木道サウンド!笑。




信濃町の駅を通り過ぎると風景が一変。
某宗教団体の立派な薄汚いビルヂングが立ち並ぶ。
散歩気分を害されそそくさとバスに乗り込んだ。









Don't はカバーが多いな。
でも新しい価値を原曲に吹き込んでいるからニクいぜ。


2013-12-28

ボスがきたっ


TVを持たないから疎いってのもある。

演出家、財界のアイコン、お笑い、女優、男優とか。
男優って書くとAVっぽいね。

そんな有名人、著名人と言われる連中がほぼ毎日来店してくる。

オレは来店してもあまり彼ら彼女らに気づかない、笑。




気づいても特段の感興も無い。

至って普通にサーヴィス。

相手も厭でしょ。
変に気を回されたら。



先日は違った。
日本のロックのボスが来店!

ポタージュを運ぶ手が震えたわ、笑。

個人名は出さないよ。


日本のロックのボスって言ったって、都知事選に出馬したアノ人じゃねーよ?笑。





「おぉっ!来たねっ♪来たねっ♪よぉ~しっ、ありがとっ!」
例のあの調子でね。
「アーユーハッピー?」なの。

他のお客さんもみんな気づくわ、その話し方、笑。




オレはバンドをやってきて
商業的な「ビッグ」とか「サクセス」は求めて来なかったと思う。
一方で、
どの国でもツアーを打診すれば引き受けてもらえる「ビッグさ」と「サクセス」は求めていたかも。
それは自分が「ハッピー」である為にね。
その「ハッピー」ってのはいつでもトラブル込み込みなんだけどさ、笑。


この人の有名過ぎる著述に10代の頃に薫陶を受けた。
反コマーシャルなパンクにどっぷり浸かってすらも血肉となってるのだ。

トラブル込み込みでハッピーライフを楽しんでるボスの著作。





で、このボスだ。
ポタージュを運んでいってこんなに喜ばれたり、「ハッピー」になってるお客さんをオレは今まで見た事ない。




普通麻痺するじゃん?
日常って。

リッチな人なら目ン玉飛び出る程の高級なメシも食いまくってる。
世界を飛び回ってりゃ珍しい事この上ない料理だって食べてるだろう。

このボスったら。

感動しぃ、なのね。

ポタージュひとつにこのリアクション。


オレ思ったよ。
いかに自分の日常でワクワク、ハッピーなリアクションを取れるかの大事さ。

ボスの人生はきっと眩しい。
そばで数秒だけ接したオレにもそれは飛び火した。



4:00あたりの口調ね。

2013-12-27

ひたすら聞きこむ、呑みこむ


VESPERAの一年はやはりアルコールと共にあった。

VESPERAから離れた一私人のオレもやはりアルコールと共にあった、笑。

アルコール オブ ザ・イアー2013は”ワイン”

2013年、それもそのうちの半年強で過去15年分位のワインを飲んだと思う。


アルコール歴20年を超える。
こんなにワインを飲んだ生活って無かったわ。



5月から今の職場でお世話になっている。

ワインの知識が必要だった。
ワイン本を読み、ワインを空ける日々。



王陽明に言わせれば、
知行合一の重要性、笑。


何年のビンテージが最高!だとか、作り手の特性まではさすがにわからん。

でもね、
ざっくりとしたワインの世界マップは頭の中に広がってる。
各国のワインの特性とかね。
ブドウ種による特性だとか。


基礎的な事なんだけど、これが分かり出すとワインはハマる。

そうすっと、スーパーでジャケ(エチケット)買いするわけよ、笑。


これ当たりだわw
ハズした~
なんて言いながら知行合一の途。




これってパンクもそうじゃね?
聞き込むとパンクサウンドの世界マップができない?

フィンランドっぽいタッチだ、この字余りなボーカリゼーションはイタリア産っぽい、とか。


パンクスはワインにきっとはまる。
新定義。

高いワインは職場で飲み、自腹で飲む時はパンクのレコードと同価格帯に限る。
780円~2400円が相場。


そんなオレのリクエストにこたえてくれたのがチリ産ワイン。
この価格帯だと最強だと思う。

エラスリス、モンテス、コノスルね。

コノスルは上位クラスであるレゼルバシリーズでも1300円くらい。



ワインはチリに夢中。


そしてオレにとってのパンクの三大名壌と言ったら、
ポーランド、スゥェーデン、スペインかな、笑。

絶対数で言えば、日・米・英国産のパンクなんだけど。




チリパンクスすげぇ、笑。

2013-12-26

さよなら てれ子


てれ子。

オマエ、よくやったよ。


不燃ゴミの回収日にその責を全うする慎ましやかさ。

午前5時20分。
オレは沈沈とした朝、ゴミ集積所の片隅にオマエを打ち捨てる事は出来なかった。

最近のオマエの不調に他の理由を求めた。

延命措置を試みた。

しかしもうダメなようだ。




オレの頭の中をオマエと翔たメモリィが過った。
さよなら。

オレは為すべき事を潔く。
てれ子の引退を受け入れた。





てれ子ってなんね?笑。



VESPERAの殆どの作品で活躍してきた
てれ子=テレコ=テープレコーダー
現役引退なんですよ。


てれ子さん
VESPERAのサウンドの体現では欠かす事の出来ない存在だった。



AIWAメイド。



こいつは本当にいい音してた。
オレの期待に応え続けたよ。


ぜーんぶ、てれ子さんで録った作品。



でも、最近さ、回転数が狂ってきてね。

リハで録音する音の全てが
「オラは死んじまったダー」
みたいな回転数を早めた声になっちまってね。

これじゃ曲作りはできません。

でもね、ベースのハジさんの喋り声だけは何故か回転数が狂った状態で録音されてるはずなのに。
あんまり変わらない、笑。

なんで?笑。


ICレコーダーも持ってるし、スタジオ常設のCDライターの手もある。
でもてれ子の音質が好きなんだよ。


実は先日のガー@@クールのライブやポーランドでエルバ@ダのライブやその他をてれ子で録音してんだよね。
youtubeやらにはアップしないけど。


やっぱりいい音で録れてるよ。


正月休みに新しいてれ子を買いに行くかな。

2014年
あたらしい年の幕開け。

きっとオレは未練タラタラ。
てれ子の面影を探すのだろう。



2013リハ終了

8月の辰嶋さんのイベントを最後にVESPERAはライブという表舞台からは一旦離れた。



9月からメンバーチェンジしてバンド再建に取り組んできた。

9、10、11、12月。
出張、師走、病欠。

金欠、
それはリハを休む理由にはならんかったが。



メンバーが全員揃う事が出来ないスタジオが度々。

何回スタジオに入れたかな?

本日、5曲目の新曲の骨組みを組んで今年最後のリハを終えた。

突貫野郎のオレは年内にデモ録りの青写真を持っていたんだ。
ドリーマーだねぇ、笑。
さすがにデモ録りはできなかったなぁ。





シンプルな楽曲をバンドで解体ー再構築。
どの曲もメンバーで変態的にごちゃ混ぜにするんだよ。
スタジオはさながらフードプロセッサー。



難しい事やってますよ!
突拍子もない事やってますよ!
そんなバンドサウンドの指針には価値を置いていない。
ライブという耳目に晒される場面では、VESPERAの楽曲はシンプルで咀嚼のしやすい楽曲である事が身上、理想なんだ。



出汁をとったり、天日干しして旨味を凝縮したり、発酵させたりこねくり回してんのよ、スタジオで。
オレはそれが楽しい。
この4ヶ月のスタジオワークもVESPERAの原点に戻った気がした。



なにもかももうちょいだ。


スタジオは楽しい。
2014年、この楽しさをまたパンクシーンという表舞台で発信したい。
幸いな事に共振してくれるひともいてくれるしね。




2013年
メンバーに感謝、お疲れさま!
正月の新年会を、、、
いや、
ライブ復帰を楽しみにしてるぜ!笑。


2013-12-25

幽霊部員の活動報告2


残念だったね。
腹を立てる代物じゃない。

残念。




このツリ目ポーズって日本人を侮蔑してんのね。

いつだったか、サッカーの国際試合でこのポーズをかました選手が問題にならなかったっけ?

オレは別に腹立たないけどねー
STATE POISONのギターのヤツも、東京でオレの目の前でこのポーズしてたしね。

シチュエイションによっては、そこには侮蔑の意図なく、シンプルにデリカシーのない形容程度かもしれんしね。




オレはこの写真を好きなバンドのFacebookのページで見てしまった。
けっこうポリティカルなメッセージを打ち出してるバンドでね。
残念。



散々自分の写真をアップしまくっておいて言うのもなんだけど、笑
Facebookは不特定多数に向けて「開いてる」事を意識しとかないと危ないね。

酒の席のおふざけじゃ済まなくなる事もあるんじゃね?




ますます気楽にFacebookが出来なくなるのでした、あははは。





Peace, Justice & Anarchy by Ryan Harvey
 *本文とは関係ありません、笑。